主に水素とヘリウムを含む巨大分子雲は星の形成領域であり、W51として知られている巨大な分子雲は、約17,000光年の距離で地球に最も近いものだ。 W51には、若い星の複数のクラスターが含まれてる。X線の観測により、 G49.5-0.4と呼ばれる中央クラスタ内に100以上の光源が集中している小さな塊が見つかっている。269
Keitai     240×320 240×432 480×800 480×864 480×960 480×1024
SmartPhone 640×960 800×960 854×960 960×1080 960×1280 1280x1440
Customize  width: px height: px rotat: